個人経営・小さなサロン・治療院運営

一歩前へ。あなたの夢は何ですか?

第1章 目的と目標を明確にしよう 《効果的な目標とは》

《効果的な目標とは》

・目的を認識し、方向性が示されている

・自分自身の価値観と繋がっている

・日々の生活や自分自身の人生の役割と責任を包含している

・良心や自分らしさが表現されている

f:id:Takashi777:20150425222515j:plain

第1章 目的と目標を明確にしよう <4>

〈4〉役割と責任を果たす
 
 長年会社勤めをしてきたサラリーマンが定年退職と共に目標を見失いうつ病を発症してしまう。ふと気づいたときには、奥さんや娘、息子にも相手に去れず、家族の中に孤立していた。こうしたことを新聞やテレビで見聞きしたことは少なからずあると思います。
 「私は会社ではトップに昇りつめ成功を手にしてきた。しかしながら、私生活と家族を犠牲にしてしまった。妻も子も他人同然の生活をしている。今の自分の大切なことは濡なのだろう、全くわからない」、こうした嘆きはどうしたら救うことができるのでしょうか。これらは非常に痛みを伴う、すぐに解決することが難しい問題です。

 なぜ、こうした状況に陥ってしまうのでしょうか?

 日々の生活を営む中には、夫、または妻である自分、父である自分、仕事をする自分、友達と自分、町内会の中の自分、社会貢献や奉仕活動をする自分など、様々な自分自身の役割が存在します。
 こうした役割を個々に切り離さないでください。全てがあなたなのです。分け隔てることの出来ない自分自身なのです。自分自身の役割と分離した生活を営んで幸せな人生を歩むことは不可能です。ひとりの人間がひとつの役割で成功を治めたからといって、他の全てがそれで満たされるわけではないのです。
 また、自分自身の健康管理をする自分というのも大切なあなたの役割です。健康を害してしまっては治療院どころではありませんよね。

 日々の生活の中で、さらには人生におけるあなたの役割はなんですか。決してひとつではありませんよね。治療院を設立し運営していくというあなたの大切なミッションを成功させることと、そのほかのあなたの役割を果たす責任を分け隔てることなく行動することがとても大切なのです。

 「真の幸福とは、自己満足によってもたらされるのではなく、価値ある目的を忠実に行うことによってもたらされる。」 ヘレン・ケラー

f:id:Takashi777:20150425222055j:plain

第1章 目的と目標を明確にしよう <3>

〈3〉自分自身の価値観を理解する
 
 自分自身の目的を達成する、そのために具体的な目標を掲げ、それをひとつひとつ超えていく。それはつまりも自分自身の夢をかなえていくプロセスに他なりません。その夢の実現過程で忘れてはならない大切なことがあります。

 それは自分自身の人生や普段の生活の中で大切にしている価値観を目標の中に具体的に取り込むことです。例えば、「私は人に尽くすためにその仕事を成し遂げたい。」、「悩みを抱え辛い思いをしている人を少しでも楽にしてあげたい。」、「東日本大震災被災地復興のために、私自身のビジネスを拡大し雇用促進を果たしたい。」、「誰かにありがとうといってもらえるような、人に喜ばれる仕事がしたい。」など、一人ひとりの心の中には大切な思いがあるはずです。

 そうした思いを大切にし、それをあなたの治療院を運営する中で是非形にしていってください。価値観を仕事に結びつけることは、心の奥底、潜在意識に働きかけます。どんなに辛いときでも、心が折れ挫折しそうになるときにでも、潜在意識の力は大きく自分自身を支えてくれます。

 そうした思いの力というのはまた、相手の心にも伝わっていくものです。あなたの価値観は、あなたの営む治療院の理念となり、スタッフの行動指針にもなるのです。更にはお客様の心にも響き、治療院やそこで働くスタッフに対する信頼に繋がるのです。

 単なるお金儲けの手段としてではなく、良心に基づいた仕事をしてこそ、自分自身の人生と日々取り組む仕事との間に乖離のない行動に結びつくのです。

f:id:Takashi777:20150425221703j:plain

第1章 目的と目標を明確にしよう 〈2〉

〈2〉最初になりたい結果を思い描く
 
 それでは早速、あなた自身の目的を確認してみましょう。時間を十分にとり、ひとりになって集中できるような環境でリラックスして、以下の質問に答えてみてください。

①あなたが治療院を設立・運営することの、最重要目的はは何でしょうか。

②それらの目的を実現させるためには、具体的にどんな目標を達成する必要がありますか。

③それらの目標が達成できたかはどのようにして確認できますか。

④目標が達成できたことで得られる素晴らしい点とは、どのようなことでしょうか。

 さて、いかがでしたか。あなたはどこに行きたいのでしょうか。何をしたいのでしょうか。

自分の目的・目標がどのようなものであるか、確認できましたか?ビジネスにおいて本当にしたいこと、更にはあなた自身の人生の価値観と合致した内容になっていましたか?

あなたの思いをしっかりと自覚することはとても重要なことです。なぜなら、その思いこそがこれからのあなたの行動の中心になり、判断の基準になるのですから。

目的を明確にし、目標を持ってあなた自身の仕事を主体的に、かつ効果的に進めてください。

第1章 目的と目標を明確にしよう <1>・・・続き

《目的を持つことの意味》

 ・自分にとって何が本当に大切なのかが明確になる

 ・集中すべき重要事項に意識が高められる

 ・的確な判断の基準を与えてくれる

 ・より強い意思を持てるようになる

第1章 目的と目標を明確にしよう 〈1〉

〈1〉目的を持って始める
 
 目的とは、あらゆる決断の土台となる憲法のようなものです。効果性の高い経営、つまり安定した、かつ継続的な治療院を営んでいくためには、何事にもぶれる事のなく光り続ける灯台の明かりが不可欠です。
 
 これから、あなたが自分自身の治療院を設立し、運営していくなかでは、様々な困難も待ち受けていることでしょう。近隣の同業店からの影響、お客さまからのクレーム、スタッフ間の人間関係などで心が折れそうになることもあるでしょう。 
 
 そうした中で、自分自身の信念を貫き、困難に屈することなく、かつ冷静的確な判断や選択をしていくためには、なぜ私は治療院を経営するのかという明確な目的がなくてはなりません。
 
 治療院をなぜ立ち上げるのか、その目的をしっかりと自覚することで、はじめてあなたはスタート地点に立つことができるのです。

はじめに

 このブログに気をとめて頂きありがとうございます。ところで、なぜ、あなたはこのブログを開いてみたのでしょうか?治療院などの個人経営に関する本は町の本屋さんにたくさん置いていますね。もちろん、インターネットで検索しも数限りなくヒットします。
 鍼灸師、柔道整体師の国家資格もあり、ある程度臨床経験も積んだし、そろそろこの辺で自分の施術院を出てみたい。または、既に自分自身の店はあるのだが、思うようにお客様が来てくれない。まして、家族を養うことまで考えると将来が不安でたまらない。この仕事はとても自分に向いているし、このまま続けていきたいと思うが、誰かに雇われたままでは自分自身を活かしきれない。自分の思うように店づくりをして、持っているスキルを存分に発揮させ、自分の治療院を切り盛りしてみたい。

 あなたがそのような思いを抱き、ページをめくっていただいたのであれば、とても幸せな巡り合わせだと思います。私はNTTコミュニケーションという会社で、国内・海外の約百五十拠点を対象として、とあるプロジェクトの運営企画リーダーを十年間手がけてまいりました。そこで得た経営のノウハウを存分に注中したのがこの本だからです。
 しかしながら、NTTコミュニケーションズはとても大きな会社。これからお話しさせて頂く治療院は個人経営の規模。当然のことながら、参考になるの?という疑問もわいてくるかと思います。
 あえて私が、自身の経歴をお話しした事にこそ、とても重要なポイントがあるのです。そのポイントとは、個人経営の治療院であっても、大手は遠慮なく叩き潰してくるという事実です。皆さんもご存じのとおり、例えば美容関連では、大手企業がテレビCMで有名なタレントを使い大々的に宣伝し、また豊富な資金力により駅前などの人が集まりやすい一等地で商売しています。また、そうしたサロンは殆どが全国にチェーン店も展開しており、店舗の経営ノウハウも十分に兼ね備えています。
 そうしたなかで、あなたが出店しても、個人経営の小さなサロンでは経営は立ち行かなくなることは目に見えています。相手が小さいからと言って、大手企業が大目に見てくれるなんてことはありません。
整体院であっても同じことです。全国展開をしているマッサージチェーン店同士が街なか、ショッピングモール、近所のスーパーマーケットにまで出店し、日々しのぎを削っています。
 さて、あなたに勝ち目はあるでしょうか?
もちろん、自分自身の技術に自信があり、私は大手には負けないとう自信をお持ちになる方もいらっしゃるでしょう。でも、個人経営を目指す九十九パーセントの方々は間違いなく淘汰されます。

 少し脅迫めいた話になってしまいましたね。でも、こうした大手企業相手の対策を考えなければ経営は立ち行かないというのは紛れもない事実です。なぜなら、お客さまは駅前の大型チェーン店もあなたの個人経営店も同等に天秤にかけ評価するからです。
 だからこそ、大手の戦術をよく理解し、それに負けない戦略が必要なのです。本書はそうした観点を十二分に意識し、どうしたら、あなたの個人経営店を繁盛させることができるのか、といった視点での店舗運営の戦略が網羅されています。そうです。大手といわれる企業の戦略を熟知した上で、どうすれば個人経営店が存続できるのかを考えなければならないのです。

 どれだけ優れた技術を身につけていても、あなたの治療院を安定して運営できなければ、その技術を活かすことはできません。また、いかに高い志を持って鍼灸・整体師として社会に貢献しようとしたところで、その取り組みが継続できなければ、単なる思いで終わってしまいます。
 あなたのその治療院は、あなたの夢をかなえて行くための大切な場所です。安定・継続した運営こそが、あなたの夢や志を実現させてゆくための基もなるのです。
これから治療院を立ち上げたいと考えているが、何から手をつけていいのかまるでわからない。既に治療院は始めているがなかなか思うようにお客さまが集まらない、日々の生活を支えることだけで目いっぱいで、志なんて忘れてしまいそうだ。
そんな悩みを抱えている方を対象に、治療院運営の基本から、ライバルに負けない戦略までの全てを本書に盛り込んでみました。